定番

清水寺 ライトアップ

清水寺のライトアップ(夜間拝観)を見てきました。

行ったのは2014年の春。桜の季節。(ライトアップ期間と注意点は文章終わりに書いてます。)

IMG_0403

非日常な感じ。

背景のビームのようなライトのふもとはどこなんだろ?

と境内をウロウロしてみると。。

巨大ビームサーベル

巨大ビームサーベル

あった!すごい、ビームサーベルみたい!

IMG_0409

ライトアップ光量も十分。

有名なアングルから

有名なアングルから

帰り道も幻想的

帰り道も幻想的

と、非日常な感じが楽しめます。

が、ライトの強い光によって桜の色がピンクではなく、

全部白に見えてしまうので、純粋にお花見を楽しみたいなら昼のほうがオススメです。

(多分秋の紅葉の季節も、紅葉の色合いを楽しみたいなら昼のが色合いがはっきりわかっていいと思う)

 

でもデートとかなら薄暗い雰囲気なのでライトアップの時間は最適。

家族連れなら子供が非日常感(とビームサーベル)に喜ぶと思います。

同じライトアップでも二条城のライトアップは色合いに工夫しているのか、

桜の色がよく映えてキレイなので、夜桜の美しさを堪能したいなら二条城の方がオススメ。

 

清水寺のライトアップは春、夏、秋に期間限定で行われます。
夜間拝観の時期は以下のとおり

春は3月14日-23日と月29日-4月13日で18:30-21:30受付終了
夏は8月14日-16日(短っ!)で、19:00-21:30受付終了
秋は11月14日-12月7日で18:30-21:30受け付け終了

拝観料は大人400円、小中学生200円
日中の拝観は17:30で閉門になります。(夏は18:00)

一旦人を閉めだした後に夜間拝観がスタートするので、
昼に入ったまま日没を待ってそのまま夜間拝観・・という事はできないのでご注意を。

清水寺の基本情報、口コミ、感想、アクセスなどについてはこちら→清水寺


円山公園 花見

京都の円山公園にお花見に行ってきました(2014年)

円山公園へはまず八坂神社を抜けていくわけですが、

お花見シーズンは夜も賑わってます。

八坂神社もライトアップされてます

八坂神社もライトアップされてます

出店で賑わう八坂神社境内

花見の時期は出店で賑わう八坂神社境内

有名なしだれ桜がライトアップされてるとの事なので、今回は夜に花見訪問。

IMG_0395

なかなかの迫力です。

花見しながら飲食ができるスペースがありますが、ここは予約しとかないと無理でしょうね。

IMG_0391

むしろ花見シーズン中は完全予約制なのかも?

他にもブルーシートやゴザをひいてお花見が楽しめる場所があります。

IMG_0398

夜の円山公園は花見してる大学生が多めです。

多分花見も兼ねた新歓コンパとかをここでやってるんじゃないでしょうかね。

所狭しと人がひしめき合ってたので、花見場所取りは必須かと。

4-5人でこじんまり花見やるならいきなり行ってもなんとか

隅の方なら花見場所確保できそうではありました。

今回は一人でふらっと花見に訪問しましたが、

中学生~社会人まで、デートにピッタリ、家族サービスにもピッタリです。

八坂神社境内にはお化け屋敷もあったりします笑

【関連情報】

円山公園の基本情報はこちら→円山公園

円山公園の駐車場詳細はこちら→円山公園 駐車場

八坂神社の基本情報はこちら→八坂神社

【円山公園・八坂神社周辺のホテル・ビジネスホテル・旅館一覧↓】


ディズニーランドお土産

ディズニーランドに行った時、何をお土産にしようか悩む人も多そうですが、

定番かつお土産ランキングでも上位に上がるディズニーランドのお土産がチョコクランチですね。

普通に美味しいですし、ディズニーランドのお土産を渡す側としても

1000円という安い値段で沢山の人にお土産(クランチ)を配れるので便利でもあります(*´∀`)

森永から似たようなお菓子が出てる気もしますが、ディズニーランドのお土産だとなんだか一層ありがたい感じが

しないでもないような・・笑

子供に喜ばれるおディズニーランドのお土産としては

他にボールペンやタオルなんかもいいでしょうね。

事前にそれとなく好きなキャラを把握しておいてそのキャラクターのボールペンやタオルを変えれば

いっそう喜んでくれるはず。


霧の中のスカイツリー

霧の中のスカイツリーってなんだかカッコイイ。

てっぺんが霧の中に隠れてて、どこまでも続いているようにも見えます。

IMG_2346

宇宙エレベーターか宇宙カタパルトのようにも見える。
デザインに目をやると、

現代版バベルの塔のようにも感じます。

で、夜に見るのもまた怪しい感じでカッコイイ。

夜の霧の中のスカイツリー

IMG_2371

なんか霧の中から天に向けてレーザービームを発射しているようにも見えなくもない。

霧の中のスカイツリーを見ると、あの霧にの中に隠れたてっぺんから

実は全東京都民を監視している・・!?

とかそういう感じの妄想がはかどりますΣ(゚∀゚ノ)ノキャー

「富士山に笠雲」みたいに、「霧の中のスカイツリー」が縁起物になったりして。

スカイツリーの基本情報はこちら


東京スカイツリー

東京スカイツリーの訪問記2(前回はこちら→東京スカイツリーその1   東京スカイツリーの基本情報はこちら

東京スカイツリーの商業施設部分、色々なお店が入ってますが、ここでしか見れないようなお店も多く

結構目新しい、新鮮な感じがするのはいいですね。

なお、お土産コーナーでは東京スカイツリーの名前なり、形なりを

これでもかというくらいアピールしたお土産が沢山あります笑

東京スカイツリーの形をしたお酒は結構素敵。

外国に持って行ったら喜ばれそう。

東京スカイツリー(Tokyo sky tree)って

全部馴染みのある単語でしょうし、結構覚えてくれそうじゃないですか。

IMG_2359

IMG_2360

IMG_2358

東京スカイツリーにはレストランが沢山!

少なくとも20店舗は入っていたと思います。

展望室にもレストランがあったりするんですが、

今回は手頃なハンバーガーで済ます事に。

銀座とかお台場にある高級志向のハンバーガーチェーン、クア・アイナが1階部分にあります。

IMG_2347

IMG_2352

価格はドリンク、大きなハンバーガー、少々のポテトで1350円程。

食べ物の物価はやや高め。

お店の外には簡単なテラス席があり、

目の前には広場にあたる場所があります。

IMG_2343

何やら大きなモニュメントと、下から水が噴き出してくる仕組みがあります。

夏には子どもが喜びそう(*^_^*)

建物も植物を積極的に取り入れた、ある意味今どきなデザイン。

なかなか素敵。

IMG_2361

IMG_2368

そしてここ、東京スカイツリーのふもとにはジブリのお店も入ってます。

恐らくここでしか買えないような、ジブリのキャラクターのフィギュアや

食器、ぬいぐるみ、など色々な物があります。

IMG_2364

DVD,コミックも買えます。

DVD,コミックも買えます。

トトロとメイちゃん。これ、トトロのお腹が呼吸に合わせて動きます。

トトロとメイちゃん。これ、トトロのお腹が呼吸に合わせて動きます。

商業施設の上階の方では、東京の伝統工芸品が売ってたり、

パッケージデザインに関する展示のようなものがあったり、

甘酒の試飲ができたりと結構楽しい。

東京スカイツリー周囲を全部ガッツリ見て回ろうと思ったら

食事時間を入れると5-6時間程かかると思います。

興味がある所だけサクッとみて回るとしたら

2時間~3時間程かな。

以上、東京スカイツリーの訪問記でした。


スカイツリー

スカイツリーに行ってきました。

スカイツリーの営業時間や料金など基本情報についてはこちら→スカイツリー基本情報

完成当初は展望台に登るのにも混雑していて長時間覚悟で並ぶ必要があったスカイツリーですが、

先日土曜日(曇り)に訪問した時はほぼ待ち時間0で登れるくらいにはなっていました。

ネットから待ち時間0で展望台へ入れる日時指定の予約チケットも+500円程度で購入できますが・・

ゴールデンウィークや夏休み、冬休み、春休みなどのシーズン以外はそこまでしなくても大丈夫かな?という感じ。

間近でみるスカイツリーはさすがの迫力。てっぺんは霧の中に隠れて見えません。すごい・・。
IMG_2346

それもそのはず、高さは634mもあります。高い・・!

ふもとというか、下層部分はデパートのような商業施設になってます。

雰囲気としてはマルイより高級な感じで、百貨店ほど格式張ってない、ほどよい感じです。

フロアの通路も広く、ベビーカーを連れた家族もかなり多いです。

IMG_2342

次回へ続きます→スカイツリー訪問記その2


六本木ヒルズ

「六本木ヒルズ」アップしました!

六本木ヒルズの映画館(tohoシネマズ)や

六本木ヒルズの展望台、レストラン、アクセスについてなど書いてます。

六本木ヒルズの詳細はこちらから!→「六本木ヒルズ」


通天閣

大阪の観光スポット&シンボルの「通天閣」記事UPしました。

アクセスや通天閣高さについての情報、

通天閣周辺の駐車場、治安について感じたこと、串カツ屋について、など。

通天閣の詳細はコチラ→「通天閣」


自己紹介


運営者:まことさん
独身アラサーな男です
細かいことにこだわるA型w

今まで行ったところ(と、行ってみたいところ)を記録してます
比較検証好きなので買ったモノのレビューもたまにしたり

自然好き、都市も好き、神社も好き、廃墟も好き、でも寒い所は苦手

趣味は旅行、ドライブ、料理、ゲーム、家電比較、音楽鑑賞と演奏

最新マップ

検索

RSS