二葉稲荷神社、二葉姫稲荷、二葉姫稲荷神社などと呼ばれている神社。

上賀茂神社の隣にこの二葉姫稲荷神社はひっそりとあります。

昼間でもやや薄暗く、訪れた人のブログを見ると「何か感じる」「怖い」「ちょっと不気」「鳥居をくぐったら頭が痛くなった」「二葉姫稲荷神社という名前がなんかこわい」などといった事が書かれております。

「それはさておき、姫だから女の人だよな。姫様に会えるなんてなかなか無い機会だぞ。行こう。」・・・ということで二葉姫稲荷神社に行ってきました。(後に姫様がどうやら人間じゃなくて蛇の神様という事が判明orz )

動画でこの稲荷神社独特の雰囲気が伝わるかと思います。

ちなみに二葉姫稲荷神社は御影龍神という神様が一緒に祀られてます。

御影龍神のエピソードを要約すると

龍神がテリトリーにしてた池が無くなっちゃった→竜神が村人の夢に出て「ねえねえ池無くなっちゃったからこの辺にオレ祀ってくんない?」→村人龍神を祀る

といったもの。・・・要約が適当なのは許して欲しい。

ひとまずご挨拶、という事で二葉姫稲荷神社に祀られてる全ての神様にお賽銭&お参り。

薄暗いため昼でも電気がついています。

二葉姫稲荷神社は薄暗いため昼でも電気がついています。

この二葉姫稲荷神社、寂しい雰囲気の場所なのは確かですが悪い雰囲気も感じません。

が、土地のエネルギーみたいなものが枯れてしまっているような、そんな感じはしますね。

気(地下水とか)の流れが変わって龍脈から逸れてしまってエネルギーが弱くなった、的な。

二葉姫稲荷神社には井戸つきの手水舎もありますが、水の供給は止まっており、井戸には蓋がされています。

IMG_0379

二葉姫稲荷神社周辺を15分程お参りしたりウロウロしてましたが、私には頭痛などの体調不良は起こりませんでした。

が、帰ろうとして鳥居が続く道を降りてる時に森が「サワサワ・・・」と音をたて、何かの気配を感じました。(私はそういう霊感みたいなものがほぼ無いので気配を感じた事に素直に感動)

多分二葉姫稲荷神社の神様が「えー、もう帰っちゃうの?寂しくなるなぁ。」と名残惜しんでるか「また来てねー!」と挨拶してくれたかのどっちでしょう。

帰り際に観光客と思しき女性が二葉姫稲荷神社がある方向に一人登ってきて、

「あの・・この先って行って大丈夫ですか?」

と聞かれました。多分二葉姫稲荷神社が隣の上賀茂神社とあまりに雰囲気が違うのでもしかしたら行ったらヤバイ所なんじゃね?と思ったんでしょう。

「全然大丈夫ですよ。景色も結構いいですよ。」

と答えて二葉姫稲荷神社を後にしたのでありました(*´∀`)