京都の下鴨神社(「下賀茂」と表記されることもあるけど「下鴨」の方が一般的。)
は京都の神社仏閣の中でも最も古い部類に入る、
由緒正しい建築物です。世界遺産&国宝指定されてます。

 

下鴨神社は夏に下鴨納涼古本まつりという古本市が催され、
なんと80万冊以上の古本が展示即売されます(2014年は8/12-8/16日まで)

ちなみに「夜は短し歩けよ乙女」という
本屋大賞を受賞(2007年2位)した小説(森見登美彦 著)

夜は短し歩けよ乙女 [ 森見登美彦 ]

では、物語にこの下鴨神社の古本市が出てきます。
この小説、独特の近代京都の情緒的雰囲気を持っているので、
本好きなら京都訪問前に読んでおくと
また京都観光が味わい深いものになるかもしれません。

 

下鴨神社境内には糺ノ森(ただすのもり)という森があり、そこにみたらし池という
みたらし団子の名前の元になった池があります。
糺ノ森は正直・・普通の森って感じですが^^;

神聖な森も地域の子供にとっては単なる遊び場

神聖な森も地域の子供にとっては単なる遊び場

あと下鴨神社には国歌「君が代」にうたわれた「さざれ石」があったりします。

さざれ石様

これがさざれ石(*´∀`)

【下鴨神社へのアクセス・地図】
京都市営バス(4番か205番)で「下鴨神社前」か「糺ノ森前」下車。
地図は下記地図をぐぐぐっと拡大すると周辺マップがご覧いただけます。

【下鴨神社の駐車場】
あり。150台。24時間。
30分ごとに150円。
駐車場の住所は、京都府京都市左京区下鴨泉川町59

【下鴨神社関連記事】
下鴨神社 古本市