アメリカキャンプ村へのアクセスなど

【営業時間】
日帰りは午前10:00-午後4:00
(・・といいつつ、入場は9:30頃からできるみたいです)

【料金・予算】
日帰りは入場料1200円/一人
駐車場代1000円/1台
アスレチック有り。利用は大人1000円、子供500円
宿泊の価格帯は
ツリーハウス12000円(4人まで)~ログハウス112500円(15人まで)です。

【住所・電話番号】
東京都西多摩郡奥多摩町海沢230
0428-83-2724

【駐車場】
一台1000円。キャパシティ分はあります。砂利駐車場です。

【アクセス・地図】
地図はこのページ下部にある地図をぐぐぐっと拡大すると周辺マップがご覧いただけます。

アメリカキャンプ村 評判

アメリカキャンプ村に行ってきました!アメリカキャンプ村は宿泊も日帰りのBBQもできる施設です。見たことないけど35歳の高校生という、米倉涼子主演のドラマのロケ地にもなったらしい。

アメリカキャンプ村入口

アメリカキャンプ村入口

少人数~大人数まで対応できるコテージやツリーハウス、ログハウスなどの各種宿泊施設があります。団体の利用も多いみたいですね。

ボーイスカウトとか、小学生の野球とかサッカーチームの親睦会とか、そういうのに使われる事も多いようです。アメリカキャンプ村の人に聞いてみると、企業の研修とかレクリエーションでも利用されることが結構あるんだとか。

今回は宿泊ではなく大人5人で、日帰りバーベキュー利用目的で訪問しました。施設はこんな感じでトイレ含め想像以上に全体的に綺麗。

アメリカキャンプ村 バーベキュー

アメリカキャンプ村 施設

アメリカキャンプ村 評判

今回私は5人で行きましたけど、広々してるので団体利用にも適してそうです。逆にもし運悪く周りが団体利用だけで、自分たちだけが少人数だとしたら・・・周りの勢いに圧倒されてしまうかもしれません 笑

そのへんが気になる人は事前に訪問予定日に団体予約が入ってるのか確認しといたほうがいいかも知れませんね。(電話番号は0428-83-2724)今回訪問したのがGW後の日曜日で、予約せずに行きましたが全体的に見たらかなり空いてました。

ちなみに朝イチで行きましたが、人が増えてくるのは11:30頃です。いい場所を確保したいならこれより早めに来ると良さそうです。

アメリカキャンプ村 GW

ちなみに「GWって混雑してました?」とさりげなくGWの混雑状況を聞いてみたところ・・・やっぱりものすごい人だったそうです。人気なんですねー♪おそらくGWは予約必須、何らかの理由で予約なしで行く場合は朝イチを狙って行った方がいいかと思います。

ちなみにここからそう遠くないもうちょっと都内よりのあきるの市に、これまたバーベキュー場で有名な秋川橋河川公園バーベキューランドなんて所もあります。(→秋川渓谷のページへ)

あそこよりもアメリカキャンプ村の方がリゾート感がある・・といったら大げさですけど、森林に囲まれてて日陰があるので、タープが無くても直射日光を防げる場所がありますから「少人数だし、いろいろ持っていくのも面倒(;´Д`)」なんて人はこっちのがいいと思います。

逆に大人数でワイワイ騒ぎたいとか、川で泳ぐのもメインという場合は秋川渓谷にGO! アメリカキャンプ村にも一応、川がありますけど超浅いので泳ぐレベルじゃありません。

アメリカキャンプ村 バーベキュー場所側の川

アメリカキャンプ村 ツリーハウス
逆に小さな子どもが安全に水遊びするにはアメリカキャンプ村がピッタリでしょうね♪

アメリカキャンプ村 バーベキュー

アメリカキャンプ村にはバーベキュー場、小川の他にもアスレチック、開けたスペース、森林がありますから、フリスビーやバトミントン、バレーボール、ハンモックなんかを持っていけば大人も子供も飽きずに一日中遊べるかと思います。

宿泊者は事前予約すればキャンプファイヤーなんかもできるようです。(お値段1万円)
BBQが出来る場所は屋根付きと屋外の2種類があって、違いをまとめるとこんな感じ。

・屋根付き・・・ガス式。鉄板。
食材と入場料が一緒になった日帰りバーベキューセット(一人2400円~)を利用の場合は無料で使用できる。食材持ち込みで使用する場合は利用料金が3000円かかる。

・屋外・・・網や鉄板が置けるかまどのようなものと、大人だと6人がけ位のテーブルがある。利用料金は無料。炭火が利用できる(当然自分で炭を持ち込むか、現地で炭を買う必要あり)

で、今回はせっかくのBBQだし、炭火を利用したかったので屋外に。ちなみに屋外は人が通る場所に面しているので基本タープ禁止とのこと。

アメリカキャンプ村 バーベキュー3

でも奥まった場所にある屋外BBQ場所のみ、わりと広いのでタープOKとのことです。屋外のBBQ場所にタープを張りたい場合は早めに来て場所を確保しとくのが良さそうですね。今回は奥まった場所が空いてたので

アメリカキャンプ村 バーベキュー設備

ここでバーベキューをすることに!BBQで炭火の火起こしでは今回はじめて火おこし器を使ってみました。

火おこし器

「めちゃめちゃ簡単に火が付いて便利」なんて口コミが多くて、ついつい気になって買っちゃったやつ。使い方は下の方に着火剤か薪を入れて、その上に炭を入れておくだけ。

うちわで仰がずともほっとくだけで炭に火がつくとのことでしたが・・・おおホントにほっとくだけでつくぞこれ。なるほどたしかに一度使ったら手放せない・・。屋外バーベキューをするならこれ、いいですよ。(Amazonで買えます↓)

折りたためて場所を取らないのもポイントですね。少人数のBBQならこのサイズで十分でした。で、炭火で何を焼いたかというと・・・牛肉の塊!

バーベキュー 肉
どーん!

コレを炭火で炙りつつ、焼けた所を削いで食べていこう、というスタイル。インパクトがあって、美味しくて、簡単なのでオススメ。牛肉は近所のスーパー(コープ)にBBQ2日前に電話して、塊で切り出しておいてもらいました。(電話してみるもんだね)

それと、キャンプ場や公園、バーベキュースポットの屋外のテーブルって虫の死骸がこびりついていたり、誰かがこぼしたカレーの汁の跡が残ってたりすることが結構あるので・・・対策としてテーブルクロスを敷きました。今回は綺麗なテーブルでしたけどね。でもせっかく持ってきたので敷いちゃう。

テーブルセッティング
テーブルクロスを敷くだけでなんだか上質感がでます♪

それと、これも新たに購入した二人用ハンモックの設置テスト。

ホントに大人二人のって大丈夫かいな・・と、恐る恐る設置して乗ってみると・・・

ハンモック 二人用

おお、全然大丈夫だ!大人1名+子供1名ならスペース的にもさらに余裕でしょうね。子供だけなら横並びに3人くらいまでなら座れそう。

とまぁアメリカキャンプ村は首都圏からもアクセスがよく短時間で来れるので、本格的なキャンプの前にアウトドア用品の使用感をチェックしたい場合にもピッタリ。

もちろんその辺の河川敷でもできますけど・・それだと雰囲気がねぇどうせならチェックの時にも友達読んで楽しくやりたいじゃないですか。

今は便利なアウトドア用品がいろいろありますから、気になるのをテストがてら買って持って行って試してみるのもいいかもしれませんよ(*´∀`) 

最後に・・・もしよろしければ下の方にあるフェイスブックの「いいね!」ボタンで記事の評価をしてくれたら嬉しいです。

【楽天で買えるバーベキュー関連用品はこちら↓】